エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】

ベッド

故人の持ち物はどうするか

遺品整理の中でもベッド処分は厄介なものの1つです。大きさや重量があることから簡単に行うことが難しく、この場合には遺品整理業者に依頼をすることで適切に処分ができます。行う際には必ず見積りを確認した上で判断をする必要があり、業者数も多いためにネット等で事前に相場を知っておくことが大切です。

家族へのメッセージ

ノート

何を書くのか決まりはない

自分の死に対してどのようにして行くかを考え活動を行う終活というものが、テレビや雑誌などのさまざまなメディアで取り上げられ多くの方に知られてるようになりました。それと同じようにエンディングノートというものも多くの方に知られ、作成する方も増えてきています。それでも、遺言書や遺書はどのようなものなのかを知っていてもエンディングノートには何を書いたらいいのかを悩む方は多くいます。遺言書には法的な力があり、財産のことなどを記入しておくという大体の決まりがありますが、エンディングノートには何をどのように書くのかという決まりはありません。自分が自分の最期の時をどのように迎えたいのかや、それまでどのように生活していきたいのかを記入したり、自分がこの世にいなくなってから周囲にいる家族などが困らないようにさまざまな情報などを記入しておくと良いです。最近では自宅で最期を迎える方は少なく病院で最期を迎える方が多いです。本人の意識がない場合の延命措置などは家族の判断に委ねられますが、エンディングノートに自分の最期がどうなって欲しいのか記入してあると家族は判断がしやすくなります。また、最近では高齢者でもブログやSNSをやる方が多く、IDやパスワードを記入しておくと削除などが可能になります。このように何を書くのかという決まりはないですが、家族へのメッセージを1つのノートにして残せます。何に記入するのかという決まりはなく、市販のノートでも大丈夫です。また、エンディングノートを書きやすいようにした書籍のようなものも販売されているので参考にすることができます。

遺品整理

業者の知識を借りよう

福井県にある遺品整理業者では、形見や換金性のあるものの仕分けから、リサイクル業者やごみ処理業者と提携して短期間でゴミの処分を行うことができます。片付けの期日までに間に合わせたい場合や、室内清掃も合わせて依頼したいときには大変便利なサービスです。

ノート

残された家族への言葉

終活の時に行うこととしてエンディングノートの作成があります。遺言書のような法的な効力はありません。遺言書では書かないが、家族に残したいメッセージがあるときに書いておきます。葬儀やお墓の希望などを書く人もいます。

ベッド

遺品整理のネック

ベッドは家具の中では大型のものです。小さなものでも運び出すのは大変で、このため処分するのに困るものです。処分する方法はいくつかありますが、手間なく行うのであれば業者に依頼して処分することが一番費用がかからずに済みます。

ダンボール

故人の遺品を整理するなら

故人の遺品を整理するためのサポートをしてくれる福井の遺品整理業者は、家族が捨てにくい遺品を丁寧に処分してくれるので、自分で作業できないという方におすすめです。相場は3〜30万円というように大きな開きがあるので、複数の会社で見積もりをしてから依頼する業者を決めましょう。

Copyright© 2018 エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】 All Rights Reserved.