エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】

残された家族への言葉

ノート

法的な効力はない

終活の一つとして遺言書の作成を検討する人がいるかもしれません。自分が死んだときの遺産分割などの情報を書いておきます。遺産分割は多くても少なくてももめます。事前に家族と話し合って書いておくのも良いですし、独自に作成しても良いでしょう。いくつかの方法があり、内容は法的な効力を持たせられます。ただし、日付を書いたり自署するなどの決まりがあるので、それらを守って書かないと法的効力がない単なる文書になってしまいます。遺言に似ているものとしてエンディングノートがあります。意味合いは同じで、残された家族が困らないように事前に作成しておきます。エンディングノートにフォームがあったり、記載内容の決まりがあるわけではありません。法的な効力は持たないので、自由に作成できます。あくまでも家族ために残すものなので、あまり自由に書きすぎるのも良くないでしょう。一般的なエンディングノートには何を書くのかを知っておくと良いかもしれません。エンディングノートに書く内容として、遺言書に書く内容以外で伝えたいことを書きます。自分の葬儀のことであったり、お墓のことを書くと良いかもしれません。資産や保険に関することで、遺言書に書いていない部分も書いておくと良いでしょう。普段なかなか面と向かって言えないメッセージを書く人も多いです。家族に対する感謝の気持ちを書く人が多いようです。遺言書ほど厳重な管理は必要ありませんが、内容によっては金庫などに保管しないといけないときもあります。

Copyright© 2018 エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】 All Rights Reserved.