エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】

遺品整理のネック

ベッド

家具を捨てるには

ベッドの大きさは最低でも幅80センチ、長さ190センチあり家具の中では大きなのものです。またベッドといっても種類が多数あり、単に一段高くした寝台のものからスプリングマットを入れたものがあり、二段にしたりロフトを設けたものなどさまざまです。大きい家具であるため処分するには、相応の労力が必要になります。ベッドを処分する方法としてはリサイクルする方法と不用品として処分する方法に分かれます。故人の遺品整理の場合にはリサイクル業者を呼んで他の家具と一緒に引き取ってもらえれば運び出す手間もかかりません。ただリサイクル業者を呼んで遺品整理をする場合にはいつでも引き取ってもらえる状態にする必要があります。一方で遺品整理業者に依頼して処分の一切を任せる場合にはこれらの手間はかかりません。ベッドだけ処分するといった場合にはゴミとして処分するか、もし購入したベッドのお店がわかればそのお店に引き取ってもらう方法があります。いずれにしてもネックになるのは大きな家具であるベッドを移動させることです。移動させるには最低でも2名は必要です。業者に依頼すれば処分費用も相応にかかりますが、行政の粗大ゴミとして処分するのであれば安く済む一方で搬出する方法が問題になります。いずれにしてもベッドのような大きなものを処分する場合には、第一に運び出すことが必要であるため業者に依頼して処分するのが無難な方法ですし、また他の家具も一緒に行えば費用も安く済みます。

Copyright© 2018 エンディングノートを書くコツ【最期がどうなって欲しいのか記入】 All Rights Reserved.